【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 体育館用専用!ドレッシングオイルで床のお手入れ簡単  詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。楽しい思い出を残しませんか? ⇒ 自作ホームページ案内

 
  天城山 万三郎岳
 

   祈幸日本百名山登山

 
トップ
ページ
050
大菩薩嶺
051
丹沢山
052
富士山
053
天城山
054
白馬岳
055
五竜岳
056
鹿島槍ヶ岳
 百名山 登山口  帚木山山頂口
天城山
 百名山 山頂   1406m(万三郎岳)
天城山
   天城山 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数  黒字:断念記録) 
H17.02.27 -11      

   天城山 【お薦め】天城山の詳細記録案内  [写真増量。大きく表示して見やすくしています] 
  天城山の山行詳細はこちらをご覧ください ⇒   天城山HP (詳細版)
  富士山眺望やシャクナゲの天城山の山行詳細 ⇒   天城山(2017.5.27)HP
 
 

  私が撮影した中で一番のお気に入りの天城山

天城山
 

 美しい自然の写真

 天城山 箒木山を下って登る 急な雪道で大変
箒木山を下って登る
 天城山 万二郎岳を眺める
万二郎岳
 天城山 万二郎岳山頂 1300m
万二郎岳山頂
 天城山 万三郎岳を眺める
天城山万三郎岳
 天城山 アセビのトンネルを歩く
アセビのトンネル
 天城山 万三郎岳山頂も雪がいっぱい
万三郎岳山頂
 天城山 足跡のない、わかりにくい雪道
雪道
 天城山 八丁池も雪景色 つららもある
八丁池
 天城山 八丁池が凍っている
八丁池
 天城山 北側の雪がない木の景色 対照的
北側
 天城山 夕暮れ時を急ぐ 暗くなる前に、、、
夕暮れ時を急ぐ
 天城山 暗くなった天城峠
天城峠
  *いくつか選別して掲載しています。詳しくは山行記録をご覧ください。名前など違っていたらすみません。教えてください。
 
 

 天城山  登山記録と反省点

 ∧53 天城山   2005年2月7日

 2月は冬期になるので、標高の高い山や北の山に登りに行くのは、まだ早いと思いました。伊豆なら少し南で温かいかと思って、でかけることにしました。八王子の友人といっしょです。電車で移動していますが、小田原あたりは雪が屋根に積もっていて、いまだにパラついています。

 伊豆大川駅からタクシーで箒木山に向かいましたが、雪道となったので下りて歩きました。箒木山から眺める天城山は一面の雪山です。積もった白い雪がとてもきれいです。登山には少し不安です。温かいかっこうをして、軽アイゼンをつけて谷を下りました。このコースよりも天城高原ゴルフ場からのコースが良かったかもしれません。

 谷部から雪の急坂です。頑張って登ります。たまに道案内があります。ロープがある場所は、手で持って引っ張れるので助かります。高原からの道と合流したら、足跡があるので道がわかりやすいです。万二郎岳からさらに登ります。アセビやシャクナゲの木が多いので春は賑やかそうです。

 おなかがすいて早いけどおにぎりを食べました。下山者とすれ違います。足跡の主です。万三郎岳山頂は誰もいません。寒くて静かです。先を急ぎますが、足跡がないので慎重に進みます。戸塚峠あたりで欧米風の二人の女性とすれ違いました。お互い足跡があるので助かります。

 天城山脈を白田峠を通って八丁池にたどりつきました。凍っていて寂寥感がある景色です。佐賀野歩道で向峠に進みます。時間との勝負です。夕暮れ色がきれいです。が暗闇がやってくる恐怖もあります。天城峠に着いたらほっとしました。

 でもバス停の前で予定のバスが通過していきました。ショックです。すぐに暗くなりました。タクシー呼ぼうとしたら、河津方向の車が乗せてくれました。嬉しかったです。冬の厳しい天城山を体験しました。



【反省点】
  ・2月を甘く見ていた。雪の情報不足。天城高原口利用すべきだった。
  ・足跡がない道を歩いた。ミスをすると間違う可能性が高かった。
  ・バス停に余裕もって到着できなかった。
 
 

  天城山の周辺地図と山頂付近地図


 天城山 【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。

大きな地図で見る

 天城山 【電子国土基本図参照】天城山周辺地図・・・クリックで拡大         地図閲覧サービス(ウォッちず)
天城山


Copyright © 2012 日本百名山 All rights reserved.
by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ

















出会いの行動