【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 体育館用専用!ドレッシングオイルで床のお手入れ簡単  詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。楽しい思い出を残しませんか? ⇒ 自作ホームページ案内



長野・富山の山  .









  爺ケ岳を越えて扇沢に下山


 
山道歩山行記録
地域別HPの目次
前日の登山
鹿島槍岳
日本百名山HP
百名山記録の目次
中四国登山記録
最近の登山情報

 
    ◆日本百名山の鹿島槍岳下山後に縦走しています。
 
   鹿島槍岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数  黒字:断念記録) 
H20.08.14 -12 H20.08.15-10爺ヶ岳  

 
 

   爺ケ岳の登山記録   H20年8月15日

 
   ■爺ケ岳を越えて扇沢に下山します。もっとゆっくり休憩してもよかったかも。

    前日登った鹿島槍岳 ⇒  鹿島槍岳のHP

   ●前日に鹿島槍岳に登頂。2890m。    \(^▽^)/
鹿島槍岳南峰


   I01.【5:20】冷池小屋から東を眺めます。天気が良くなりそうです。  o(^▽^)o
冷池小屋

   I02.【6:02】冷池小屋から爺ケ岳に出発。1.5時間と書いてあります。  ヽ(゚◇゚ )ノ
冷池小屋

   I03.少し下ってまた登ります。石の道です。    (・∀・)

   I04.【6:13】分岐。左に東への下山路があります。   ヽ(゚◇゚ )ノ  《C!東》

   I05.【6:26】濃い霧があります。カッパを着ています。    (・∀・)

   I06.たまに鹿島槍ヶ岳に登る人とすれ違います。     \(^_^)/

   I07.トウヤクリンドウなどを見ながらマツの間の道を進みます。 o(^▽^)o

   I08.【6:51】登りの道が続いています。 【7:00】中峰の札がありました。

   I09.キリがかった白い世界です。そろそろ晴れて欲しいです。   (´・_・`)
爺ケ岳

   I10.【7:07】爺ケ岳中峰。2669m。キリの中です。   \(^▽^)/
爺ケ岳

   I11.【7:16】下って巻き道と合流します。    γ(▽´ )ツ

   I12.【7:25】南峰への分岐。上ります。    ヽ(゚◇゚ )ノ
爺ケ岳

   I13.【7:28】爺ケ岳南峰山頂。雲に包まれています。人がいます。  o(^▽^)o
爺ケ岳

   I14.山頂にケルンがあります。  \(^_^)/ 【7:31】景色が見えないので下山。

   I15.【7:39】きれいな道です。キリがなくならないかな?   ヾ( `▽)ゞ

   I16.【7:48】種池山荘までのハイマツ帯。花を見つけたいです。   γ(▽´ )ツ

   I17.チングルマやシラネニンジンがありました。    o(^▽^)o

   I18.【7:55】種池山荘到着。キリの白っぽい景色です。    \(^_^)/

   I19.針ノ木岳への縦走路があります。歩いてみたいです。  ヾ( `▽)ゞ

   I20.【8:01】小屋から下山開始します。どんどん下るんでしょうね。

   I21.けっこう花が多いです。晴れた初夏の日に見てみたいです。  o(^▽^)o

   I22.雲の切れ間に何か見えています。    γ(▽´ )ツ

   I23.【8:08】扇沢からもう登ってくる人がいます。早いのでは?  (・∀・)

   I24.【8:12】蓮華岳の方が見えました。小屋も見えます。    \(^_^)/

   I25.【8:21】残雪があります。雨上がりの山道。気温が上がってきます。

   I26.【8:25】要注意箇所。慎重に歩きます。    (・∀・)

   I27.シモツケの赤い花が咲いていたら目立ちます。    o(^▽^)o

   I28.【8:43】石畳のような道。おもしろいです。動く石があるかも。。。

   I29.【8:48】どんどん下ります。こけないようにね。   γ(▽´ )ツ

   I30.あれが針ノ木岳の大雪渓のようです。後年登ることになります。

   I31.扇沢のバス停と駐車場が見えます。でもまだ距離あります。  \(^_^)/

   I32.【9:10】だんだん暑くなってきました。ニッコウキスゲが少し咲いています。

   I33.花や実を探して歩いています。       ヾ( `▽)ゞ

   I34.【9:21】柏原新道のケルンのポイントです。    o(^▽^)o

   I35.川原が上から見えます。もうすぐ下山できそうですね。  γ(▽´ )ツ

   I36.【9:30】金属の階段があります。下ります。    ヽ(゚◇゚ )ノ

   I37.八ヶ岳ポイントです。イスがあります。    ヾ( `▽)ゞ

   I38.八ヶ岳は雲で見えませんでした。残念。    (・∀・)

   I39.【9:55】まだまだ下ります。多くの人とすれ違いました。   γ(▽´ )ツ

   I40.ゆるやかな道になりました。シャジンが咲いています。   o(^▽^)o

   I41.【10:03】しばらく川原で休みます。着替えます。   \(^_^)/

   I42.水をつけて汗を拭きます。かなり冷たいです。    ヾ( `▽)ゞ

   I43.すごい。赤沢岳の方が見えてきました。   o(^▽^)o

   I44.【11:20】休憩後にバス停へ。標高1350m。    γ(▽´ )ツ

   I45.【11:35】扇沢駅です。日に当たると暑いです。    o(^▽^)o

   I46.バスの時間までのんびりします。    ヾ( `▽)ゞ

   I47.雲がきれて爺ケ岳が見えました。うれしいですね。どの峰かな。
爺ケ岳
 

 
 

  鹿島槍岳・爺ケ岳  登山記録と反省点

  ∧56 鹿島槍岳・爺ケ岳   2008年8月14−15日

 五竜岳を下って、北尾根の頭から歩いています。雨の中でカッパを着ています。視界はまだそこそこあります。何人か登山者に会いました。本当は扇沢からの登山を計画していましたが、バスに合わせて反対にしましています。

 八峰キレットを歩いて見たかったので満足です。天気がよかったら、もう少しゆっくりできたのに残念です。早く着替えられるように急ぎました。鹿島槍岳は最初に北峰に登りました。やはり雲の中の景色です。視界が悪いです。

 続いて南峰です。こちらが山頂ですが、黄色い標識が印象的でした。雨はいつの間にかやんでいます。寒くはないです。本当は景色が見たいけど残念です。こんな日もあるということですね。山頂で少し植物観察をしてから下山開始しました。

 布引山へと下山していく南斜面。花が多く咲いていました。雨で濡れています。写真を撮りながら下ります。ホタルブクロが目立ちます。まだキリがある白っぽい景色です。少しおなかがすいてきました。

 冷池山荘に到着。爺ケ岳を越えて種池山荘まで行ける時間ですが、嫌な予感がしたのと、遅めの昼食を自炊したかったので、宿に入りました。ひとりなので今回は予約していません。冷池山荘は改装してきれいな宿でした。

 まだ客が少ない時間でした。昼食中に雨が降り出して豪雨になりました。さらに雷雨となって、しばらくおさまりませんでした。カッパ着ていてもたいへんな雨量です。動いてなくてよかったです。

 翌日は小雨でしたが、だんだん回復しました。爺ケ岳に登頂しました。ここもおさえておきたい山頂です。すれ違う人がいます。種池山荘に泊まった人に聞きましたが、雷雨で冷池山荘まで行くのを、あきらめたそうです。客が少なかったわけです。その後は柏原新道を通って扇沢まで下山しました。

 針ノ木岳の登山口を確認しました。ゆっくりと時間を待って、バスで大阪に帰りました。



【反省点】
  ・大事な百名山なのに天気が悪かった。日頃の行いをよくしておくこと。
  ・北峰に登るクサリ場をもっと注意すべきだった。
  ・南峰からの下山時に、もう少し、花の写真を撮ればよかった。
 
 

  鹿島槍岳の周辺地図と山頂付近地図


 鹿島槍岳 【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。

大きな地図で見る

 鹿島槍岳 【電子国土基本図参照】鹿島槍岳周辺地図・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
鹿島槍岳


鹿島槍岳ページ上に戻る↑
Copyright © 2012 日本百名山 All rights reserved.
by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ

















出会いの行動