【広告】 埃取タオルでホコリをまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは⇒ 埃取タオル
  【広告】 体育館用専用!ドレッシングオイルで床のお手入れ簡単  詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。楽しい思い出を残しませんか? ⇒ 自作ホームページ案内









 雨の中を登った鹿島槍岳、花の季節



日本百名山     .
 
山道歩山行記録
地域別HPの目次
簡易版のページ
鹿島槍岳
日本百名山HP
百名山記録の目次
中四国登山記録
最近の登山情報
翌日の縦走登山
爺ケ岳
 鹿島槍岳 登山口  八方尾根・・・キレット小屋
鹿島槍岳
 鹿島槍岳 山頂   2889m
鹿島槍岳
 
    ◆日本百名山登山の山行記録HPを作り直しています。
 
     写真を大きくして見やすくしました。  ⇒地図を下部に掲載しています。
 
   鹿島槍岳 登頂日とエクセルの山行記録 [ダウンロード]   (右数字:ページ数  黒字:断念記録) 
H20.08.14 -12 H20.08.05-10爺ヶ岳  

 

   鹿島槍岳の登山記録   H20年8月14日

 
   ■雨の登山です。下山時に花をたくさん見ました。宿に到着後雷雨です。

    前日に登った五竜岳 ⇒  五竜岳のHP
    翌日に登った爺ケ岳 ⇒  爺ケ岳のHP


   ●【6:03】五竜岳に登頂。(2814m) 鹿島槍岳に縦走します。   \(^▽^)/
五竜岳


   J01.【8:00】北尾根の頭を出発。雨が止んでいます。キリの中です。  (・∀・)

   J02.立山の方がうっすら見えます。晴れて欲しいです。    γ(▽´ )ツ

   J03.【8:06】キレット小屋をめざしています。風がありました。  (・∀・)

   J04.【8:18】左側の景色が一瞬見えました。もっとよく見たいです。  \(^_^)/

   J05.雨がポツポツ降る中を歩いています。離れていますが前後に人がいます。

   J06.【8:56】雨が小降りの時にカメラをさっと使っています。  ヾ( `▽)ゞ
          このあと急な岩場を上ります。   《C!岩場》

   J07.【9:02】視界が良いときは岩がある景色がきれいです。   γ(▽´ )ツ

   J08.【9:14】下ってまた登っています。     o(^▽^)o

   J09.【9:20】はしご場です。雨が強くなりました。    (´・_・`)

   J10.【9:25】キレット小屋が見えます。標高2470m。   \(^_^)/

   J11.【9:38】小屋で3分話をして登山を再開。     ヾ( `▽)ゞ

   J12.【9:41】クサリ場。鹿島槍岳に登頂して冷池山荘に向かいます。

   J13.【9:42】ハシゴを下って要注意箇所に向かいます。  (・A・)

   J14.何故かハシゴが横になっています。雨が降っています。  (・∀・)

   J15.【9:51】鹿島槍岳北峰への岩場になります。     γ(▽´ )ツ

   J16.【10:02】全身を使っての岩登りがいくつもあります。  (・A・)

   J17.【10:10】石道を登っています。    (・∀・)

   J18.【10:22】雨が止みました。岩が濡れています。   (・∀・)

   J19.【10:36】まだまだ岩場を登ります。  ヾ( `▽)ゞ   (チシマギキョウ)

   J20.ウサギギクがかわいく咲いていました。明るい黄色。    \(^_^)/

   J21.【10:50】北峰への分岐。ここに荷物置いて往復してきます。  o(^▽^)o

   J22.【11:02】鹿島槍岳北峰。2842m。    \(^▽^)/  雲の中。

   J23.【11:04】視界悪いから撮影したらすぐに下ります。    (・∀・)

   J24.【11:10】荷物を持って下ります。   ヽ(゚◇゚ )ノ

   J25.ヨツバシオガマが咲いています。      ヾ( `▽)ゞ

   J26.また霧雨です。花が増えてきました。     γ(▽´ )ツ

   J27.イタドリやヤマハハコが咲いています。     o(^▽^)o

   J28.チシマギキョウやウサギギクもいっぱい。    \(^_^)/

   J29.【11:40】道がよくなりました。ピークが見えます。   ヾ( `▽)ゞ

   J30.【11:48】鹿島槍岳南峰の山頂。2890m。   \(^▽^)/
鹿島槍岳南峰

   J31.こちらにも標識があります。雲の中で展望悪かったです。   o(^▽^)o
鹿島槍岳南峰

   J32.斜面を覗きます。白っぽい景色。山を眺めたいですね。    (・∀・)

   J33.【11:54】下山開始。道がよくなりました。歩きやすいです。  ヾ( `▽)ゞ

   J34.【12:00】石のジャリ道。気持ちよく下ります。   o(^▽^)o

   J35.【12:09】雨がやんでいて風が気持ちいいです。    \(^_^)/

   J36.【12:20】ゆるやかに下っています。下りはペース早くなります。

   J37.トリカブトなどが咲いています。実があります。  ヽ(゚◇゚ )ノ

   J38.雷鳥が2羽いました。親子のようです。   o(^▽^)o

   J39.ホタルブクロやトウヤクリンドウが咲いています。   ヾ( `▽)ゞ

   J40.ナデシコみたいな花がありました。きれいです。   γ(▽´ )ツ

   J41.【12:38】細い道が少しあります。    (・∀・)

   J42.【12:42】布引岳です。標高2683m。冷池まで2.5km。 \(^_^)/

   J43.タカネバラが咲いていました。    o(^▽^)o

   J44.【12:56】花を探しながら進んでいます。     ヾ( `▽)ゞ

   J45.また立山の方が少し見えました。      γ(▽´ )ツ

   J46.【13:03】樹林の道です。小さな池がありました。  o(^▽^)o

   J47.クルマユリの花が満開です。     \(^_^)/

   J48.フウロやツガザクラの花が咲いています。     o(^▽^)o

   J49.【13:12】草原の間の道です。花畑があります。    γ(▽´ )ツ

   J50.シナノキンバイがたくさん咲いています。     ヾ( `▽)ゞ

   J51.ハクサンチドリやカラマツが咲いています。バイケイソウの葉っぱがありました。

   J52.冷池のテント場。土がそんなに湿っていません。    ヽ(゚◇゚ )ノ

   J53.爺ケ岳や種池山荘がなんとなく見えています。天気が悪くなっていきます。

   J54.冷池山荘が見えました。雲が流れています。     γ(▽´ )ツ

   J55.【13:36】冷池山荘に到着。まだ早い時間です。    \(^_^)/

   J56.【14:20-17:00】激しい雷雨。宿の中で幸運でした。外にでられません。
       この雷雨でここまで来られずに種池山荘に泊まられた方も多いです。

   J57.【17:30】雨上がりの宿の前の広場です。    ヽ(゚◇゚ )ノ

   J58.山荘前の冷池。        o(^▽^)o

   J59.山荘でゆっくりと休みました。     ヾ( `▽)ゞ  《C!夕食》

   J60.【17:30】雨が止んで大町の方の展望がよくなっていました。  《C!大》



    ◆翌日に登った爺ケ岳 ⇒  爺ケ岳のHP
 

 
 

  鹿島槍岳  登山記録と反省点

  ∧56 鹿島槍岳   2008年8月14日

 五竜岳を下って、北尾根の頭から歩いています。雨の中でカッパを着ています。視界はまだそこそこあります。何人か登山者に会いました。本当は扇沢からの登山を計画していましたが、バスに合わせて反対にしましています。

 八峰キレットを歩いて見たかったので満足です。天気がよかったら、もう少しゆっくりできたのに残念です。早く着替えられるように急ぎました。鹿島槍岳は最初に北峰に登りました。やはり雲の中の景色です。視界が悪いです。

 続いて南峰です。こちらが山頂ですが、黄色い標識が印象的でした。雨はいつの間にかやんでいます。寒くはないです。本当は景色が見たいけど残念です。こんな日もあるということですね。山頂で少し植物観察をしてから下山開始しました。

 布引山へと下山していく南斜面。花が多く咲いていました。雨で濡れています。写真を撮りながら下ります。ホタルブクロが目立ちます。まだキリがある白っぽい景色です。少しおなかがすいてきました。

 冷池山荘に到着。爺ケ岳を越えて種池山荘まで行ける時間ですが、嫌な予感がしたのと、遅めの昼食を自炊したかったので、宿に入りました。ひとりなので今回は予約していません。冷池山荘は改装してきれいな宿でした。

 まだ客が少ない時間でした。昼食中に雨が降り出して豪雨になりました。さらに雷雨となって、しばらくおさまりませんでした。カッパ着ていてもたいへんな雨量です。動いてなくてよかったです。

 翌日は小雨でしたが、だんだん回復しました。爺ケ岳に登頂しました。ここもおさえておきたい山頂です。すれ違う人がいます。種池山荘に泊まった人に聞きましたが、雷雨で冷池山荘まで行くのを、あきらめたそうです。客が少なかったわけです。その後は柏原新道を通って扇沢まで下山しました。

 針ノ木岳の登山口を確認しました。ゆっくりと時間を待って、バスで大阪に帰りました。



【反省点】
  ・大事な百名山なのに天気が悪かった。日頃の行いをよくしておくこと。
  ・北峰に登るクサリ場をもっと注意すべきだった。
  ・南峰からの下山時に、もう少し、花の写真を撮ればよかった。
 
 

  鹿島槍岳の周辺地図と山頂付近地図


 鹿島槍岳 【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。

大きな地図で見る

 鹿島槍岳 【電子国土基本図参照】鹿島槍岳周辺地図・・・クリックで拡大        地図閲覧サービス(ウォッちず)
鹿島槍岳


Copyright © 2012 日本百名山 All rights reserved.
by ホームページ制作 by 趣味の自作ホームページ

















出会いの行動